「地盤なし、看板なし、鞄なし」の公募候補から国政に挑戦し、3期9年の間、国会で仕事をさせていただいてます。この間、総務大臣政務官、国会対策副委員長、青年局長代理に加え、多岐にわたる政策立案に責任者として関わらせていただいてます。選挙区である町田市と多摩市はじめ、ご理解いただいている有権者の皆様に深く感謝を申し上げます。私の政治家としての価値観は・・・

PROFILE

1981年 5月30日 多摩市生まれ
2000年 3月 栄光学園高等学校卒業
2004年 3月 東京大学法学部卒業
2004年 4月 日本銀行入行
2009年 7月 オックスフォード大学大学院修了
2011年 7月 日本銀行退職
2012年12月 第46回衆議院総選挙初当選
2017年 8月 総務大臣政務官就任
2021年10月 第52代自民党青年局長就任
2021年10月 第49回衆議院総選挙4期目当選
3期9年間の活動

01|町田市・多摩市

地元の皆さまと共に地域課題を解決

02|総務大臣政務官

全国をかけた総務大臣政務官時代

03|消費者問題

消費者の保護で健全な経済社会の発展へ

04|金融経済

金融制度改革は日本経済成長のカギ

05|行政改革

改革マインドを胸に秘めて

06|デジタル

デジタル化で人にやさしい豊かな社会

07| 青年局

若い力で多様性あふれる寛容な社会に