2期目3年間7つの足跡

2期目3年間7つの足跡

~自民党の実現男~

1・金融の専門家として東京を世界一の金融センターに

自民党経済構造改革特命委員会の事務局長として、海外の金融機関が東京に進出できる「ファストエントリー」制度やフィンテックを推進する「イノベーションへ向けたチャレンジの加速」を実現

2・政府支出の無駄を徹底的に省いてきました

自民党無駄撲滅プロジェクトチームの主査(教育、農林水産、財務分野)として政府に働きかけ、3年間で約3200億円の削減を実現。また、官民データ利活用法案や統計の抜本改革を実現

3・地域の活力を維持する空き家・空き地対策

自民党中古住宅市場活性化小委員会の事務局長として、空き家対策特別措置法のほか、空き家バンクの設立や中古住宅市場の整備などを実現

4・子ども達や地域の安心を守る

自民党青少年健全育成委員会の幹事として、青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境整備等に関する法律の一部を改正。また、同僚の若手議員とともに、保護司、民生・児童委員など地域の支え手の支援策を提言

5・多面的な機能を果たす都市農業の保全

自民党都市農業振興委員会の事務局長として、防災・防犯・食育など多面的な役割を担う都市農地を保全し新規就農者の参入を促す法改正(次期国会提出予定)を実現

6・国際保健医療分野での国際貢献

自民党国際保健医療戦略特命委員会事務局長として、日本の介護人材不足を解消するとともに日本の介護産業のアジアにおける事業拡大を目指す「アジア健康構想」を実現。エボラ出血熱等の感染症対策などの充実強化を実現

7・町田市・多摩市を素晴らしい街に

日本モノレール協会顧問として、多摩都市モノレール町田方面延伸の優先路線価を実現。南町田駅前大規模開発、野津田公園・薬師池公園の再整備などの政府支援、および国道16号の立体事業を実現。多摩市のスマートウェルネスシティ実現のために中央省庁との人事交流等を実現。都市計画税の用途規制緩和による永山北公園、永山南公園の再整備を実現

PAGE TOP